ほぐしの豆知識

リンパをもみほぐしてダイエット効果を得よう!

投稿日:2019年4月3日 更新日:

リンパをもみほぐしてダイエット効果を得よう!

皆さんこんにちは!皆さんはもみほぐしがダイエットに有効なものであるという事実をご存知だったでしょうか!?
今回のテーマは、もみほぐしでどのようなダイエットの効果が得られるのか、家庭でもできるダイエット効果のあるもみほぐしなどをご紹介していきたいと思います。

ダイエット効果が期待される理由

血液が体の中を循環するのが約1分ほどに対して、リンパの循環は10時間以上とかなり遅めです。そのため、筋肉の力だけではリンパの循環が重力に負けてしまい体の水分が下半身に溜まっていくことを防ぐことが出来ずに足がむくんでしまいます。
このことからでも予想が付くように、もみほぐしでダイエット効果が期待される主な要因は、リンパの流れの改善です。このリンパの流れを改善することによって足のむくみが無くなりほっそりとスリムな足を手に入れることが出来るのです。
また、もみほぐしをすることによって血行やリンパの流れが改善されるほかに脂肪の燃焼を助ける効果もあるのでもみほぐしと運動、食事のバランスを上手く体内に取り組めば余分な脂肪ともおさらばできる、これもまた一つの理由です。

自宅で出来るダイエット効果のあるリンパのもみほぐし

もみほぐしの準備

  • もみほぐしを行うタイミングは入浴中か入浴後のタイミングでやるとベストです。
  • オイルやクリームを使うと癒しの効果が追加されるほか、肌への摩擦を減らせるのでお勧めです。
  • 行う前に、コップ一杯分の水を飲むと体のリンパの濃度が下がってリンパ液が流れやすくなります。

①.ふくらはぎをもみほぐす
ふくらはぎを両足1回3分間もみほぐすだけでリンパの流れを良好なものにすることが出来ます。これを時間が短かすぎる、効果が見られないからといって長い時間もんだりさらに強くもんだりするとかえってふくらはぎの筋肉を傷めてしまうのでやり過ぎには注意してください。

②.顔のもみほぐし
1.鎖骨の周りを中指を中心に少し力を入れ、押しまわします。
2.人差し指と中指で耳を挟んで押しまわします。
3.こめかみ部分を押しまわします。
4.親指と人差し指で顎を挟んでそのまま先ほどの耳の所まで顎の輪郭をなぞるようにもみほぐします。
5.口角の所を人差し指と中指で押してそのままこめかみ部分まで押し上げます。
6.人差し指と中指を使って小鼻からこめかみ、目頭からこめかみ、眉下からこめかみ、おでこの中心からこめかみへとリンパを流します。
7.最後にこめかみ→耳下→顎下→首筋→鎖骨の順に人差し指と中指を使ってリンパを流すようなイメージで擦っていきます。

③.脇から腕のもみほぐし
1.肘を5本の指でつまんでわきの下まで流すように筋肉をほぐします。これを両方の腕に5回程繰り返します。
2.手首をつかんで脇の方へリンパを流すイメージでほぐしていきます。これを両方の腕に3回程繰り返します。
3.わきの下のくぼみの部分を手で4回程押します。

注意ポイント

もみほぐしをすると血行が良くなります。そのため、体内のアルコールの循環が急激に良くなってしまい体に負担をかけてしまうほか、酔いが回りやすくなります。ですのでもみほぐしをする前の飲酒は止めておきましょう。

4.まとめ

リンパをもみほぐすことで得られつ恩恵がこれほどあるなんて私も初めて知りました!中でも体の免疫力を高めてくれるという効果があるのは正直驚きました。
リンパのもみほぐしはダイエットに直接作用するのではなく、あくまでダイエットの補助的な役割で活躍するものなので行う時は適度な運動とバランスの取れた食事を合わせて素敵な身体を手に入れてみて下さい。

-ほぐしの豆知識

Copyright© ほぐし処岩槻 , 2020 All Rights Reserved.